守谷市の自動車屋 長妻自動車ブログ

守谷市・長妻自動車の日常業務、その他のブログです。

あ あんまり擦れてると・・・・出ちゃうよ

なんだか米国のえらい人が来日してるらしいですな

寿司とか喰ってご満悦のようですが
今回はあれか?テーピーピーとかちゅーやつのことで来たんか?


よくわからんが日本のえらい人 負けんじゃねーぞ





グランドボイジャーのつづき

ちょいとばかしおかしな点を発見

右の前後ABSセンサー・ハーネスがスタビライザーリンクとショックに擦れてる
DSCF5152.jpg
DSCF5147.jpg

後ろのハーネスはクランプをちょいと手直しで逃げるんだが
前は左側左側との構成部品の違いからして無理じゃね?みたいな
ガッチリとしたハーネスガイドに対して右側はタイラップ止め
DSCF5236.jpg
こんななの?
でも擦れてちゃダメだろ



それともう一点の疑問
パワーステアリングオイルクーラー部のリターンホース
ABSユニットとオイルクーラーの廻りをグルグルニョロニョロと配管されてる
DSCF5224.jpg
こんななの? このホースもタイラップでサブフレームに固定されてますが
ホース自体サブフレームのエッヂに擦れてるし・・・
あんまり擦れてると出ちゃいますよ オイルがね


調べてみるとパワーステアリングホースのレイアウトはやはり違ってる
でもABSは図面で見ても左側しかないみたいで右は部品とらなきゃわからんなんて回答

むー・・・・・・・・あっ!グランドボイジャーといえば静岡の一級整備士だ!
ってこと思い出して早速電話したら既に手離された模様

残念賞・・・・・・・・・・・・だったんですが
なんちゅータイミングでしょうか 翌日に同車種が入庫したらしく電話&メールもらって情報ゲットん♪

で送ってもらった写真見て解決策の対応
ABSハーネスはやはりタイラップ止めらしいが向きが違う
一部構成部品も無くなってる それだけの供給はないみたいなのでドリルで穴開け
DSCF5245.jpg
これで干渉から回避



パワーステアリングホースは明らかに手が加えられてる様子
おそらく以前オイル漏れを起こしたんでしょう
修理するにはオイルクーラー&ホースのセットでしか供給がないらしい
なので鉸め部分を加工して同様のホースでジョイントさせ修理したんだと思う
今までの整備記録簿にそれらしき記録がありました

でも そこまでやったならなにもこんなにグルグルニョロニョロ巻かなくてもと思うのだが・・・
取り敢えず一度ホースを外してみればこんな長さのものが
DSCF5228.jpg

実際に必要な長さは○で囲んだ部分だけ
DSCF5229.jpg

こちら様をジョイントしてスッキリ
DSCF5233.jpg

ってなことで残りは・・・・・・・・・・・・納豆せんべいとともに旅立ちました

非常に助かりましたよ ヌマン君 ありがとねー


スポンサーサイト

コメント

かつての日産の長ーいクーリングパイプをイメージしたんでしょきっと。
クーラーあるなら要らんけど良かれと思ったんだろうなー微笑ましい。

  • 2014/04/24(木) 16:52:42 |
  • URL |
  • トッカリモータース #-
  • [ 編集 ]

トッカリモータース様

そうか そうなのか

でもさ グルグルニョロニョロホースでオイルクーラーにあたる風を遮ってたんすよ~

そんなんだったんで長さと風の遮断で±0ってとこだったんじゃろか?

  • 2014/04/25(金) 05:51:49 |
  • URL |
  • ナガツマン #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagatsumacar.blog.fc2.com/tb.php/617-e6031b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad