fc2ブログ

守谷市の自動車屋 長妻自動車ブログ

守谷市・長妻自動車の日常業務、その他のブログです。

やっちまったのか?

昨日ふと目に付いたニュース

“生きた猫が火を点けられ燃え死ぬ”

非常に腹ただしく そして悲しい事件
事件となっており警察も捜査するらしいがこういうのは徹底して捜査してほしい

そしてまた幼児虐待による悲しいニュース

クルマトイキルの代表も先日記事にしてあったが
記事というよりも彼の率直な思いが文章として表れたのだろうが
人間にしろ動物にしろ なぜそんなことをするのか?

生きとし生けるもの いずれ最後を迎えるのは分かっているが
決してこんな最後を迎えるためにこの世に生まれてきたわけじゃないはず

それを自分の都合でこのような最後にさせてしまったヤツ
お前が逆の立場だったらどんな思いなんだ?
人や動物の痛みを分からない人間は・・・・・・・・・

いろいろ書きたいですが感情のまま書くと問題がありそうなので自粛しますが一言

バカヤロー!

このような事件が本当に少しでもなくなっていくことを切に願います



さて仕事の方ですが
先日の台風時に緊急入庫となったHN22S kei
DSCF1403.jpg

エンジンが掛からないということで現場に行きクランキング
掛かりそうで掛からない・・・・・がアクセルを踏むとブォ~ンと始動
アクセルを煽り続けてればエンジンは掛かってます アイドリング不良みたい

工場に回送して早速スキャンチェック
DSCF1371.jpg
これは過去のDTC 今回の症状には無関係

症状からスロー系統なんでスロットルとISCVを確認しようと
まずはISCVのイニシャライズ確認
イグニッションON→OFF
DSCF1380.jpg
あれ? 
何回か繰り返すもISCVはシ~ンとしてます

ではISCV外して・・・・・・
DSCF1382.jpg
あら?やけに綺麗

スロットルは
DSCF1384.jpg
とても綺麗です

綺麗なことはいいんですが・・・・・
みなさんご存知でしょうがスロットルの洗浄方法 間違えるととんでもないこと起きますよね

んじゃISCVイニシャライズ波形診てみましょう
DSCF1398.jpg
ぐはっ! 逝っちゃってます 残念です

この状況からするとスロットルボディの洗浄でやっつけちまった可能性が高いかな?
どこかでやったんでしょうかね

ISCVのステッパモーターは単体点検でも抵抗値は問題なさそうですが・・・・
DSCF1389.jpg


当社にある中古ストックパーツでテスト
ECMとステッパモーターの付替え 元のステッパモーターは付けられないです
当社のECMやられちゃうと怖いんで
DSCF1401.jpg
アイドリングも正常
アクティブテストでもISCVの制御もOK
DSCF1402.jpg

イニシャライズ波形も正常
DSCF1399.jpg

ということでECMの不良確定
状況からするとISCVの交換も必要かな

スズキからも発表されてますよね
スロットルの清掃には十分気をつけてくれと
エンジンコンディショナーなどの洗浄剤がISCV内部に入り込み
ISCV内部ショートによるECM内部損傷
今回はそんな感じがします 
そこら辺は我々整備士がしっかり知識を認識しておく必要がありますね
まだまだ知らないことがたくさんありますから私も日々勉強しなくては・・・・(汗)

お客様に説明見積り 新品だと高額なので中古パーツでの提案もしましたが
買い換えるかどうか迷ってたそうなので修理しないで代替するそうです

保険会社にレッカーにて運ばれていきました


今日は一段と寒くなりました
皆様 どうぞ風邪など引かぬよう気をつけてください


◎昨日のチャック
 朝一番で動物病院に連れてきました
 結膜炎だそうです
 やっぱり親猫のお乳飲まないとダメなんですね
 できる限りのことはしてあげたいな

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagatsumacar.blog.fc2.com/tb.php/444-495a8718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)